Vbim ArchiCADレンダーファーム

Vbimではクラウド上で、ArchiCADのレンダーファームを提供しております。 スーパーコンピュータを使用することにより、ArchiCADのシーンを最速100倍のスピードでレンダリングすることが可能です。

ArchiCADがクラウド上でプラットフォームとして基盤となってる為、ArchiCADと統合されているCineRenderインターフェースを使用して建築業においてのモデルやシーンを最速速度でレンダリングすることが可能でとなります。

  • 自社のレンダリングよりも最速100倍高速にレンダリングすることが可能です
  • 高品質のバッチレンダー
  • レンダリング中にワークステーションとライセンスが解放され、別の業務が可能となります
  • 毎時請求となります

どのように機能しますか?

ArchiCADのレンダリングパフォーマンスは、稼働するハードウェアによって変動する為、スクリーンシェアーとレンダリングの作業行うことを念頭に、クラウド内のコンピュータを最適化しております。お客さま自身のBIMサーバー「vbim Managed BIM」サーバーを通してか、またはArchiCAD Render Farmのスーパーコンピューターに直接ウェブ経由でArchiCAD.PLAファイルをアップロードすることで、自身のプロジェクトにアクセス可能となり、ご請求はお客様の”スーパーコンピュータ”を稼働させている時のみとなります。

通常建築業では、自分のコンピューターにレンダリングシーンをセットアップしてから、バッチジョブを使用してクラウドにレンダリングすることで、高解像度の成果を目指します。自身のプロジェクトがレンダリングされている間、あなたはあなたのリモートスクリーンスクリーンセッションを最小限に抑えることができ、別のArchiCAD作業を継続することが可能となります。

詳細

ArchiCADはレンダリングスピードは自社のコンピューターのコア数に応じて変動しており、Revitや他のレンダリングソフトウェアの様にグラフィックカードに応じたレンダリングスピードとは異なります。現在、標準のコンピューターは4つのコアを有しています。それに対し、弊社がクラウド上で96個のコアを用いてサービスを提供しております。弊社では貴社のリクエストに応じた同じたArchiCADのバージョンをインストール致し、また同時にライセンスの提供を致しますので(料金込)、レンダリング中に、別のプロジェクトを並行して行うことが可能となります。弊社の多くのクライアントはこの利点を活かし、レンダリング中プリンティングで利益向上させるなど、より円滑に効率よく弊社のサービスをご利用いただけます。

レンダリングを行う際、レンダリングする時間を最小限に抑え効率性を上げる為に、先に自社のコンピューターでレンダリングするリストアップし、一つずつレンダリングすることを推奨してしております。TeamworkによるBimサーバーへのアクセスを行っている企業もありますが、ネットワークトラフィックは発生しレンダリングの時間が増大するため、お勧めしておりません。

早速始めましょう!

ご相談、ご質問等ございましたら、お気軽にご相談ください。(英語でもご対応致します)

  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。